お知らせ
クロスプランツボランティア6月7日(水)活動報告
今回のクロスプランツボランティアは見本園の除草と花壇の植え替えを行いました。

花壇には、公園花壇(※1)と同じ花を植えます。クロスプランツが生産した公園用の花苗がちゃんと育つかどうかをチェックするためです。
春花壇はペチュニアとシロタエギクでした。まだきれいに咲いているペチュニアも、梅雨に入り、雨が増えると傷むのが早くなってしまいます。夏用に生産した苗の植え付け適期を逃さないよう、今、植え替えます。

春の花を抜き、元肥を入れて耕運し、地面を平らに整えます。ボランティアさんの考えたデザインで花の配置を決めていきました。今回使用した花苗はコリウス、ビンカ、アンゲロニア、ペンタス、デュランタとさまざま。「こんな風なイメージで植えたい」や「あの公園の花壇みたいにしたい」など、皆が意見を出し合いながら花の配置を決めていきました。

春とはまた違った鮮やかな色合いの花壇が完成し、ボランティアさんからも大変好評でした。
これからこの植物たちがどのように見本園を彩ってくれるか楽しみです。

※1:みやざき公園協会が指定管理者として管理している公園の花壇。

ナーセリー事業部 小谷